トップ / エコな暖房方法とはなにか

エコな暖房方法とはなにか

エコな住宅を考える

パッシブハウス

エコ住宅なら蓄熱暖房機

住宅を建てる際にエコ対応がされていることは今や必要不可欠です。特に冬場の暖房は費用がかさむことで頭を悩ませます。やはり日本では灯油を燃料として暖房するのが主流でしょう。しかし灯油は持ち運びの不便さ、給油の煩わしさに加えて価格の変動が激しいことも問題です。エアコンは手軽ではありますが、終日運転していた場合の電気料金が大変なものになることはご存知の通りです。そう考えれば現在最もエコな暖房と言えば蓄熱暖房機であると言えます。これは電力料金が安価な深夜帯に稼働させて蓄熱しておき、生活時間帯に放熱して暖房効果を得るというものです。火を使う暖房と違って換気の必要もないので室内温度が下がることもありません。

住宅を蓄熱暖房機で快適に

エコ住宅にするために提案されている暖房機があります。それは、蓄熱暖房機と呼ばれるものになります。割安な電力である深夜電力などを利用して、レンガ状の蓄熱材にためられた熱を、ファンなどで取り出して部屋を暖める暖房機のようです。火を燃やさないため、部屋の空気が汚れずきれいで、水蒸気が発生しないので結露やカビなどの被害を防ぐことができます。小さい子どもや高齢者には、電気のため安心で安全に利用することができるでしょう。蓄熱暖房機は安い深夜電力を使用できるため、エコ住宅にはとてもありがたいものといえるでしょう。

↑PAGE TOP