トップ

エコな発電の導入メリット

エコに関する取り組み

パッシブハウス

エコな住宅を築く太陽光発電

住宅の屋根に太陽光パネルを設置することで発電が可能となる太陽光発電の需要は非常に伸びています。それは火力や原子力に頼らない発電が可能となり、国を挙げてエコに関する取り組みを行っていることから導入メリットが多いためといえます。その一つが売電であり、住宅用の太陽光発電では、家庭内利用を超えた分の電力の買い取りが可能となります。その価格は10年間は変動せず、10%程度の安定した利益が期待できるため、ローリスクな投資として導入される方が増えています。買取価格は今後下がっていく傾向にあるため、早期の導入がエコのためには望ましいといえます。

節約を意識した住宅のメリット

日本のエネルギー問題は深刻化しており、環境にやさしいエコな発電方法が求められています。その最も効果的なものが太陽光発電となり、国をあげてその普及に力を入れています。それは、住宅の屋根に設置する場合、その費用を自治体が一部負担したり、太陽光発電によって発電した電気を売却する際の買い取り金額を10年という長期にわたって保証することなど様々です。そのため安定した利益が期待できるため、投資目的として導入される方が増えており、光熱費の削減などのエコの観点以外でも大きなメリットがあります。しかし、買取金額も減少傾向にあるため、導入は少しでも早く行うことが重要です。

エコな住宅の情報

新着情報

↑PAGE TOP